What's New
各記事の日付は適当だったり捏造だったり。
特に「気になる関連誌」と「気になること」は気が向いたときに随時更新中です。

(06/09)2016060935
(10/12)零と桐島
(06/08)2015060934
(06/09)2014060933
(06/09)2013060932
(01/31)F4 幸福的所在

2011年09月04日

金大班、吹き替えを正座待ち【9月某日 更新版】

仔仔1.png

突然物書き。

いま思えば、2004年頃からの数年間、「国内F4ラッシュ」のときに
タイミングよく居合わせてほんとよかったなあ。いちばん楽しいところを
ほぼほぼ全部体験できたような気がするし。香港コンサは行けなかったけどもな。

もともと芸能フリークとかアイドルヲタじゃなかった自分、
いまのところ「その次」がないんですよねえ。「F4の次」とか「仔の次」とかね。
いや、一度その道にハマれば次も何かにハマるかと思いきや、なかなかそういうこともなく。


で、相変わらず「仔」の話題が出てくるとザワザワしてます。
このブログはかなり停滞気味になってしまったけども。

ひとまず今年、2011年のはじめ頃、とても久しぶりに仔に会えて嬉しかったなー。
思いのほか飽きないし、やっぱりものすっごいテンション上がってびっくりしました。自分でも。


さて、よい話題。
よい話題が聞こえてくるとやっぱりテンション上がるね。

金大班.png

どうやら「金大班」の吹き替えの話は消えてなかったそうで。本当に有り難い。
「金大班」は既に「チャンネル銀河」放送分で見れたんだけど、
やっぱりあの声に慣れるまでにけっこうかかってしまった。
日本語吹き替えなんて可愛いもんじゃないもんね。
顔も演技も仔なんだけど、、、

仔は声だなあと。
あの声が本当に大事。
いや仔に限らずだけどもさ。

仔演じた「月如」は、、なんていうか、こう一言でいうとボンボンなわけですよね。
本当にいわゆるクラシックで甘ちゃんで。もう撮影時から時間もたっているし
こりゃもうほぼ確実に、仔が演じる「最後のボンボン」だった気がします。

この先ああいう雰囲気の役柄はなかなか受けないだろうし
(例えば何かの役柄で、過去を回想する場面とかでは
若かりし頃の自分、なんかにきれいに化ける予感はするけどな!)
方向性的にも、またビジュアル的にも、もう合わないだろうし。

これもまた、そのとき、そのタイミングでしか
出来ない役のひとつだったわけですよね。

正座して待ってるよ、仔本人による吹き替え版。


そしてなんといっても待望はDVD発売ね。
発売イベとか企画してぜひ来日してください。
買いますって、「その次」の投資先とかないんですよ、真的バカ仔迷には。




たまたまこのエントリを書いた直後に
うっかり何かが起きかけてるらしいんですけど私。
そのへんの話はまたそのうちにどこかで。再見。

YAMAHA CM 2

あ、別にスイッチはしませんよ!w
posted by 87- YaNa - at 19:59| 台北 ☀| Comment(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。