What's New
各記事の日付は適当だったり捏造だったり。
特に「気になる関連誌」と「気になること」は気が向いたときに随時更新中です。

(06/09)2017060936
(06/09)2016060935
(10/12)零と桐島
(06/08)2015060934
(06/09)2014060933
(06/09)2013060932

2008年11月16日

映画「僕は君のために蝶になる」雑感

蝶

仔のスクリーンデビュー作、
映画「僕は君のために蝶になる」を
本日ようやく観に行ってきました。

仔が出ていなかったら、
おそらく観ることのなかった作品。

しかし、観終わってから思ったことは、
仮に(あくまで仮にですが)仔が出ていなくても、
見て良かったと思える内容の作品だった、ということでした。

もちろん、つっこみたいところも多少はあるけれど、
それは全体像を俯瞰してみれば、ほんの些細なこと。
このテーマと脚本、そして作品の仕上がり、
単純に「良い」ものだと思えます。

そして、一仔迷としては、
この良作がスクリーンデビュー作品で
よかったと思いました。本当に。


根幹は、おそらく誰の身の上にも起こりうること。
さまざまな遺恨と感情の、昇華と再生の物語。
posted by 87- YaNa - at 00:33| 台北 ☁| memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする